京都にしもと整体院は、延べ50,000人超の臨床実績を誇る姿勢矯正のパイオニア。慢性の肩こり・頭痛・腰痛の原因の多くが姿勢の悪さからきています。

日本でいち早く姿勢矯正に取組んだ整体院です

延べ50,000人超の姿勢矯正実績
姿勢矯正の重要性
第一印象は初めて会った時の3~5秒で決まる(メラビアンの法則)

新しいメカニズムの発見 
凝っている筋肉は揉んで緩めてはいけません。
揉む筋肉が間違っていると症状は悪化します。

当院の姿勢矯正(猫背矯正)は院長自ら編み出した50種類以上のオリジナルテクニックと独自のオリジナル理論によりまったく新しい施術をします。

ハイパー関節(ゆるい関節)の治療によりボキボキ鳴る関節の音が小さくなっていきます。
本物の姿勢矯正とハイパー関節治療によって肩こり・頭痛・腰痛などの多くの慢性症状は解決できます。

姿勢矯正前・姿勢矯正後の実績は、ブログ「京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言」で確認出来ます。

当院での姿勢矯正後の患者様の感想は!

  • 肩こりの方

    肩がないようだ!
    肩に羽根が生えたようだ!
    今までにない肩の軽さ!
    青春時代に戻った感じ!

  • ねこ背の方

    目線が上がった!
    頭が上から何かに引っ張られている感じ!
    身長が伸びた!
    呼吸が楽になった!

  • 頭痛の方

    頭が軽くなった!
    首のグジグジいう音がなくなった!
    頭の中の血が流れ始めたようだ!

  • 眼精疲労の方

    目の前のかすみが晴れたようだ!
    部屋が明るくなった!

  • 腰痛の方

    腰が伸びて軽くなった!
    脚が温かくなってきた!

  •  

院長の新着ブログ

ブログ「京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言」はここをクリック ➡


  • 巻き肩を治すと球技が好きになる!
    姿勢矯正士の西本です。

    当院には「巻き肩矯正」を希望される方がに多く来られる。

    巻き肩の方には、一つ大きな特徴がある。

    それは肩甲骨の動きが極端に悪いという事だ。

    特に肩甲骨の内転と上方回旋が大きく制限される。

    小学生の時によくドッジボールをされた記憶があるの思う。

    その時、肩甲骨の動きが悪いため、早い球が投げられないのだ。

    横手投げや肘投げが主流となる。

    そして無理に速い球を投げようとすると肩を痛めることになる。

    だからゆっくりとした球しか投げられないのでドッジボールがへたくそである。

    ゆっくりとした球しか投げられないので、前の方で簡単に球を取られるし、至近距離から球を投げられるで、すぐに当てられる。

    へたくそだから、ドッジボールは嫌いになる。

    この様な巻き肩の方には、他にも嫌いなスポーツが出来る。

    肩甲骨を大きく動かさなければならないスポーツである。

    例えば、

    野球・バレーボール・弓道・ボート・やり投げ・水球・水泳(特に背泳)など多くのスポーツが該当する。

    しかし巻き肩の方でも出来るスポーツがない訳ではない。

    例えば、

    卓球・バスケット・水泳(クロール)・サッカー(あまり肩甲骨を使わなくても済む)などがある。

    巻き肩の方はこの様なスポーツは好きになる事が多い。

    しかし多くのスポーツは制限される。

    おまけにスポーツが下手だと「いじめ」の対象にもなるかもしれない。

    私は少なくとも小学生の時には、巻き肩矯正をする方がよいと思います。

    その他にも巻き肩の人には厄介な事が起こる。

    肩を回すとボキボキ・ゴリゴリ鳴り出すのである。

    肩を回すとボキボキ・ゴリゴリ鳴り出す方は、いずれ肩が上がらなくなる可能性があるので、注意が必要である。

    私は早い内に姿勢矯正士による「巻き肩矯正」お薦めする。

    小学生の諸君!

    巻き肩を治して球技を好きになろう!