京都にしもと整体院は、延べ50,000人超の臨床実績を誇る姿勢矯正のパイオニア。慢性の肩こり・頭痛・腰痛の原因の多くが姿勢の悪さからきています。

日本でいち早く姿勢矯正に取組んだ整体院です

延べ50,000人超の姿勢矯正実績
姿勢矯正の重要性
第一印象は初めて会った時の3~5秒で決まる(メラビアンの法則)

新しいメカニズムの発見 
凝っている筋肉は揉んで緩めてはいけません。
揉む筋肉が間違っていると症状は悪化します。

当院の姿勢矯正(猫背矯正)は院長自ら編み出した50種類以上のオリジナルテクニックと独自のオリジナル理論によりまったく新しい施術をします。

ハイパー関節(ゆるい関節)の治療によりボキボキ鳴る関節の音が小さくなっていきます。
本物の姿勢矯正とハイパー関節治療によって肩こり・頭痛・腰痛などの多くの慢性症状は解決できます。

姿勢矯正前・姿勢矯正後の実績は、ブログ「京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言」で確認出来ます。

当院での姿勢矯正後の患者様の感想は!

  • 肩こりの方

    肩がないようだ!
    肩に羽根が生えたようだ!
    今までにない肩の軽さ!
    青春時代に戻った感じ!

  • ねこ背の方

    目線が上がった!
    頭が上から何かに引っ張られている感じ!
    身長が伸びた!
    呼吸が楽になった!

  • 頭痛の方

    頭が軽くなった!
    首のグジグジいう音がなくなった!
    頭の中の血が流れ始めたようだ!

  • 眼精疲労の方

    目の前のかすみが晴れたようだ!
    部屋が明るくなった!

  • 腰痛の方

    腰が伸びて軽くなった!
    脚が温かくなってきた!

  •  

院長の新着ブログ

ブログ「京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言」はここをクリック ➡

  • 「教えてもらう前と後」怖いスマホ首 2月18日(火)(Ⅰ)

    「教えてもらう前と後」 2020年2月18日(火)のビデオを撮っていたので見てみた。

    放送内容はこんな事だった。



    『【千葉雄大&白石麻衣★簡単!丸ごとオカズご飯▼怖いスマホ首】』

    2020年2月18日(火) 20:00~20:54 TBS

    スマホ首

    体の不調や老け顔を招くスマホ首。

    チェック法を紹介した。

    まずは椅子に深く腰掛け背もたれにしっかり寄りかかり、まっすぐ正面を向く。

    80cm後ろでじゃんけんを出してもらったら、肩は動かさずに首だけ左右に回し真後ろの手が見えるかをチェックする。

    一般的に人間の視野は約200度で、首の可動域は約80度。首を回せば後ろにあるものが見えるが、片方でも見えないとスマホ首の危険がある。

    スマホ首の原因の1つが、下を向きながらスマホを見る姿勢。

    首の骨は本来緩いカーブを描いているが、スマホ首になるとカーブがなくなり真っ直ぐになってしまう。

    さらに首が真っ直ぐになるとバランスを取るために背骨が曲がってしまい、腰や膝まで曲がってしまう。

    スマホ首は肩こり・頭痛・倦怠感・自律神経障害などを引き起こすだけでなく、二重アゴやほうれい線が下がり若い人でも年寄り顔になる。

    スタジオでスマホ首をチェックしたが、左右両方見えたのは粗品だけだった。

    スマホ首

    老け顔や体の不調を招くスマホ首。

    誰でもすぐできる劇的な改善法がある。

    さかい保健整骨院の酒井慎太郎院長が教えてくれた。

    まず背筋を伸ばして座った状態で頭を前に出し、アゴに指を当ててそのまま水平に押し込む。これを2~3回行い、その後は椅子に浅く座った状態で両手を挙げ、胸を反らす。

    椅子の背もたれに胸椎が当たるように伸ばすのがポイントだという。

    丸まった背中をしっかり伸ばして10秒を2セット。

    改善法を行い、再びスマホ首チェックを行うと、左右両方見えなかった千葉雄大のスマホ首が改善した。



    うむ?

    何かおかしいぞ!

    次回のブログでちょっと解明してみようかな。