京都にしもと整体院は、延べ50,000人超の臨床実績を誇る姿勢矯正のパイオニア。慢性の肩こり・頭痛・腰痛の原因の多くが姿勢の悪さからきています。

日本でいち早く姿勢矯正に取組んだ整体院です

延べ50,000人超の姿勢矯正実績
姿勢矯正の重要性
第一印象は初めて会った時の3~5秒で決まる(メラビアンの法則)

新しいメカニズムの発見 
凝っている筋肉は揉んで緩めてはいけません。
揉む筋肉が間違っていると症状は悪化します。

当院の姿勢矯正(猫背矯正)は院長自ら編み出した50種類以上のオリジナルテクニックと独自のオリジナル理論によりまったく新しい施術をします。

ハイパー関節(ゆるい関節)の治療によりボキボキ鳴る関節の音が小さくなっていきます。
本物の姿勢矯正とハイパー関節治療によって肩こり・頭痛・腰痛などの多くの慢性症状は解決できます。

姿勢矯正前・姿勢矯正後の実績は、ブログ「京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言」で確認出来ます。

当院での姿勢矯正後の患者様の感想は!

  • 肩こりの方

    肩がないようだ!
    肩に羽根が生えたようだ!
    今までにない肩の軽さ!
    青春時代に戻った感じ!

  • ねこ背の方

    目線が上がった!
    頭が上から何かに引っ張られている感じ!
    身長が伸びた!
    呼吸が楽になった!

  • 頭痛の方

    頭が軽くなった!
    首のグジグジいう音がなくなった!
    頭の中の血が流れ始めたようだ!

  • 眼精疲労の方

    目の前のかすみが晴れたようだ!
    部屋が明るくなった!

  • 腰痛の方

    腰が伸びて軽くなった!
    脚が温かくなってきた!

  •  

院長の新着ブログ

ブログ「京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言」はここをクリック ➡


  • ゲンキの時間(冷え症外来医師に学ぶ!対策のポイント(Ⅰ)
    姿勢矯正士の西本です。

    ゲンキの時間(2021.12.5) 冷え症外来医師に学ぶ!対策のポイント という番組のがあったので、次回姿勢矯正研究会の議題でもあるのでちょっと見てみた。

    番組内容はこんなのであった。



    冷え症には血流が大きく関係しており、抹消血管の血流が悪いと冷えにつながる。

    先生の冷え症外来では、おでこと手足の甲の温度差が

    3℃未満なら「正常」

    3℃以上は「軽度の冷え症」

    5℃以上は「中等度の冷え症」

    10℃以上は「重度の冷え症」

    と診断しているのだとか。

    そもそも冷え症は病気ではないため、運動をしたり生活リズムを整えたりして、体質を変える事で十分改善が可能だそうです。

    ただし、やり方次第で効果に大きな差が出てしまうのだとか。


    冷え症対策のポイントをご紹介していきます。

    【冷え症対策①】「温かいものを飲む」

    温かいものを飲むときのポイントは「温度」。

    冷え症対策には、少しぬるめの50℃くらいの飲み物がオススメだそうです。

    その理由は、自律神経。血管の収縮や拡張には、自律神経が関係しています。

    70℃くらいの熱いお湯を飲むと、交感神経を刺激して血管が収縮し血流が悪くなってしまうのに対し、50℃くらいのお湯を飲むと、副交感神経を刺激して血管が拡張。

    血流が良くなり体温を維持できる効果が期待できるそうです。

    足先だけではなく、太い血管から血流を良くする事。

    つづく