京都にしもと整体院は、延べ50,000人超の臨床実績を誇る姿勢矯正のパイオニア。慢性の肩こり・頭痛・腰痛の原因の多くが姿勢の悪さからきています。

日本でいち早く姿勢矯正に取組んだ整体院です

延べ50,000人超の姿勢矯正実績
姿勢矯正の重要性
第一印象は初めて会った時の3~5秒で決まる(メラビアンの法則)

新しいメカニズムの発見 
凝っている筋肉は揉んで緩めてはいけません。
揉む筋肉が間違っていると症状は悪化します。

当院の姿勢矯正(猫背矯正)は院長自ら編み出した50種類以上のオリジナルテクニックと独自のオリジナル理論によりまったく新しい施術をします。

ハイパー関節(ゆるい関節)の治療によりボキボキ鳴る関節の音が小さくなっていきます。
本物の姿勢矯正とハイパー関節治療によって肩こり・頭痛・腰痛などの多くの慢性症状は解決できます。

姿勢矯正前・姿勢矯正後の実績は、ブログ「京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言」で確認出来ます。

当院での姿勢矯正後の患者様の感想は!

  • 肩こりの方

    肩がないようだ!
    肩に羽根が生えたようだ!
    今までにない肩の軽さ!
    青春時代に戻った感じ!

  • ねこ背の方

    目線が上がった!
    頭が上から何かに引っ張られている感じ!
    身長が伸びた!
    呼吸が楽になった!

  • 頭痛の方

    頭が軽くなった!
    首のグジグジいう音がなくなった!
    頭の中の血が流れ始めたようだ!

  • 眼精疲労の方

    目の前のかすみが晴れたようだ!
    部屋が明るくなった!

  • 腰痛の方

    腰が伸びて軽くなった!
    脚が温かくなってきた!

  •  

院長の新着ブログ

ブログ「京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言」はここをクリック ➡


  • 姿勢矯正は強力なホメオスタシスとの戦い!
    姿勢矯正士の西本です。

    姿勢矯正のプロも今でもホメオスタシスとの戦いに苦しんでいる。

    ホメオスタシスとは、日本語では恒常性(こうじょうせい)維持機能と言われ、環境が変化しても体の状態を一定に保とうとする生体的働きのことをいう。

    例えば「暑くなったら、体は勝手に汗をかいて体温調整をする」。

    これがホメオスタシスの働き。

    私たちは特に意識していないけれど、このホメオスタシスの働きによって、体は勝手に状態を安定させるように働いてくれる。

    姿勢矯正士もこの強力なホメオスタシスの力に悩んでいる。

    いくら正しい姿勢矯正をしても、今までの悪い習慣が元の姿勢に戻す。

    正しい姿勢にとって、悪い習慣とは例えば

    ①横向きにしか寝ない

    ②高い枕をする

    ③低反発マットなど柔らか過ぎる寝具で寝る

    ④浅坐りをする

    ⑤凝った筋肉を強く揉む(間違ったマッサージなど)

    ⑥ぺちゃんこ坐り(正確には割り坐という)をよくする

    ⑦肩甲骨を前にするスポーツ(例えばバスケットボールなど)をよくする

    ⑧脚を組む

    ⑨長時間スマホなどをする

    ⑩腕を前で組む

    など今思い付くだけでもこれだけある。

    ホメオスタシスに打ち勝つ為には、これらの悪い習慣を止める様に指導するのは勿論であるが、如何に持続する安全な矯正をするのか、まだまだ研究の余地はある。

    だから今の私の技術では1回や2回の姿勢矯正では、安定出来ないのは当然である。

    強く矯正すれば痛むし、弱かったら治らない。

    しかし根気強く矯正する事によって、姿勢は治せるということを多くの人に知って貰う事も必要である。