京都にしもと整体院は、延べ45,000人の臨床実績を誇る姿勢矯正のパイオニア。慢性の肩こり・頭痛・腰痛の原因の多くが姿勢の悪さからきています。

日本でいち早く姿勢矯正に取組んだ整体院です

延べ45,000人の姿勢矯正実績
姿勢矯正の重要性
第一印象は初めて会った時の3~5秒で決まる(メラビアンの法則)

新しいメカニズムの発見 
凝っている筋肉は揉んで緩めてはいけません。
揉む筋肉が間違っていると症状は悪化します。

当院の姿勢矯正(猫背矯正)は院長自ら編み出した50種類以上のオリジナルテクニックと独自のオリジナル理論によりまったく新しい施術をします。

ハイパー関節(ゆるい関節)の治療によりボキボキ鳴る関節の音が小さくなっていきます。
本物の姿勢矯正とハイパー関節治療によって肩こり・頭痛・腰痛などの多くの慢性症状は解決できます。

姿勢矯正前・姿勢矯正後の実績は、ブログ「京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言」で確認出来ます。

当院での姿勢矯正後の患者様の感想は!

  • 肩こりの方

    肩がないようだ!
    肩に羽根が生えたようだ!
    今までにない肩の軽さ!
    青春時代に戻った感じ!

  • ねこ背の方

    目線が上がった!
    頭が上から何かに引っ張られている感じ!
    身長が伸びた!
    呼吸が楽になった!

  • 頭痛の方

    頭が軽くなった!
    首のグジグジいう音がなくなった!
    頭の中の血が流れ始めたようだ!

  • 眼精疲労の方

    目の前のかすみが晴れたようだ!
    部屋が明るくなった!

  • 腰痛の方

    腰が伸びて軽くなった!
    脚が温かくなってきた!

  •  

院長の新着ブログ

ブログ「京都にしもと整体院院長 姿勢矯正士の独り言」はここをクリック ➡

  • 猫背は肺に悪影響! 

    お笑いコンビ「野性爆弾」のくっきーさん(43)が20日放送のTBSの医療バラエティ「名医のTHE太鼓判!体のデッドライン!衝撃宣告スペシャル」(後7・00)に出演、医師団から「(タバコなどの影響で)肺が溶け始めている」と衝撃の宣告を受けた。

    くっきーさんの場合、タバコ以外にも「肺」に悪影響を与える原因があった。

    くっきーさんはテレビ出演などの合間にイラストを描くことが多いが、姿勢が「猫背」になっており、「猫背だと横隔膜の動きを悪くし、肺の動きを小さくしてしまう」という。

    そこで、医師団では横隔膜の動きをよくする「体操」を日常生活に取り入れるようアドバイス。

    その結果2週間で肺年齢が53歳まで回復。ほっとした様子を見せていた。

    しかし姿勢矯正士の私なら、横隔膜の動きをよくする「体操」を日常生活に取り入れるより肋骨の動きをよくする肋骨モビリゼーションを薦める。

    その方が間違いなく早く改善する!